サイトマップ

【DMM FXのレバレッジ】証拠金による倍率の設定や最低資金について

DMM FXのレバレッジ/倍率と証拠金について

DMM FXのレバレッジについて
  • レバレッジは25倍
  • 倍率の設定はできず固定
  • 証拠金の量でレバレッジを調整できる

DMM FXのレバレッジについての要点は「レバレッジは25倍」「倍率の設定はできず固定」「証拠金の量でレバレッジを調整できる」の3点です。

DMM FXのレバレッジは国内でFX業者に対して規制されている上限である25倍になっています。

レバレッジとは少ない自己資金でも定められた倍率の資金と同等の注文ができるというシステムであり、実質的にFX業者からお金を借りて取引できるシステムとも言えます。

言い換えてしまえば借金をしているようなものであるため、リスクの高い取引だとして法による規制によって国内のFX業者はレバレッジの上限を25倍までと定められています。

ただし、DMM FXのレバレッジは倍率の設定を選ぶことができないので、レバレッジが25倍で固定されているという点が特徴となっています。

レバレッジが高ければ高いほどリスクが高くなるため、レバレッジが25倍で固定されているというのは、常にリスクが高い状態で取引しなければならないように思えてしまいますよね。

しかし、DMM FXのレバレッジの計算は他のFX業者に比べて少し特殊ではありますが、証拠金の量を調整することで実際にかかるレバレッジを調整することができます。

レバレッジを抑えてリスクの少ない取引をする方法がきちんと用意されているので、心配はありませんよ。

参考:FX取引の規制について

 

 

 

\公式サイトはこちら!/
DMM FX

 

 

 

DMM FXのレバレッジ/証拠金はいくら?最低資金について

DMM FXのレバレッジと必要証拠金の計算方法は、レバレッジ取引をするうえで抑えておく必要があります。

DMM FXのレバレッジは25倍で固定なため、必要証拠金は以下の計算で求めることができます。

通貨レート×取引する通貨量÷25=必要証拠金

1ドルが100円の取引レートで最低取引単位である1万通貨を取引する場合には、必要証拠金は4万ということになります。

通貨レートが変わっても、取引する通貨量が変わっても、必要証拠金は同じ計算で求めることができます。

ただし、必要証拠金はあくまでも取引するための最低限の資金であるという点は注意しましょう。

通貨レートは常に変動しているため、たとえ取引ができたとしても必要証拠金が少なすぎると強制決済されてしまう可能性があります。

そのため取引するにあたって資金にはある程度の余裕を持たせておきましょう。

 

DMM FXのレバレッジ/倍率を変更するには

DMM FXでレバレッジの倍率を変更することはできません。

レバレッジの設定を行うことがシステム上できないため、取引ツールのメニューをいくら探したとしてもレバレッジの変更に関するメニューがありません。

しかし、間接的にレバレッジをコントロールしてリスクの低い取引を行うことは可能です。

DMM FXでレバレッジを変更するには、取引に使う証拠金の量を調整する必要があります。

証拠金を増やして取引することで実際にかかるレバレッジを低く抑えることができるのです。

そのためレバレッジを変更するためには、最低取引資金よりも多くの資金が必要になりますね。

 

DMM FXのレバレッジ/1倍に設定するには

DMM FXでレバレッジを1倍で取引するためには、証拠金の量を調整する必要があります。

実際にどれくらいの資金が必要になるのかという計算式は以下の通りです。

通貨レート×取引する通貨量÷レバレッジ倍率=取引に必要な資金

例えば、1ドル=100円のレートで最低取引単位である1万通貨を取引すると、レバレッジ1倍で取引するために100万円が必要になります。

通貨レートや取引する取引量に応じて、レバレッジ1倍で取引するために必要な資金が変わるということが分かりますね。

もしもレバレッジを5倍に調整したい場合は、計算式のレバレッジ倍率には5倍が入るので同じように取引に必要な資金を計算できます。

慣れるまでは計算が大変かもしれませんが、一度理解してしまえばすぐに計算することが出来ますよ。

 

 

\公式サイトはこちら!/
DMM FX