サイトマップ

DMM FXでmt4(メタトレーダー4)が使えるのは分析のみ!

DMM FXとmt4について

DMM FXとmt4について
  • DMM FXではmt4を使って取引はできない
  • mt4を分析に使ってDMM FXで取引することはできる
  • DMM FXにできてmt4にはできないこともある

DMM FXとmt4についての要点は「DMM FXではmt4を使って取引はできない」「mt4を分析に使ってDMM FXで取引することはできる」「DMM FXにできてmt4にできないこともある」の3点です。

mt4とは、ロシアのMetaQuotesSoftware社が提供する無料で使える高機能チャートを備えた発注ツールです。

mt4は多くのプロトレーダーに支持されていて、FX業者によってはmt4を使って取引ができるところもあります。

DMM FXではmt4との連携ができないため、直接mt4を使って取引することはできません。

しかし、DMM FXでmt4を利用する方法としてmt4を分析するために使い、実際の取引をDMM FXで行うという使い分けすることはできます。

そして、DMM FXとmt4の機能の違いを比べてみると、高機能と言われるmt4にはできなくてDMM FXでしかできないこともあります。

FX取引をするうえで大事なことは自分に合った環境や手法を選ぶことなので、自分に合った取引環境を選びたいですね。

 

 

\公式サイトはこちら!/
DMM FX

 

 

 

 

DMM FXでmt4を使うには?

DMM FXではmt4を使って発注はできないので、あくまでもチャート分析のためだけにmt4を使う方法に限定されています。

mt4はダウンロードするだけで無料で使えるため、DMM FXと併用するのは簡単にできてしまいます。

そして、mt4で詳細なチャート分析をしながら取引のタイミングを計り、DMM FXで発注します。

そのため、DMM FXでmt4を使う場合には、瞬間的なトレードよりもじっくりとタイミングを狙うトレードスタイルの方が向いていると言えるでしょう。

mt4を使ってそのまま発注まで出来てしまう方が便利だというのは間違いありませんが、国内FX業者でもmt4対応の業者はそう多くはありません。

mt4に対応しているというだけでFX業者を選ぶということはあまり考えられないため、あくまでも総合的に判断して業者選びをしたいところですね。

 

DMM FXとmt4の違い

DMM FXには高機能な発注チャート分析ツールであるmt4よりも優れている点もあります。

その一つが比較チャートです。

比較チャートは異なる通貨ペアを最大4つまで選ぶことができて、さらに選んだ4つの通貨ペアを1つのチャートで比較することが出来ます。

比較チャートを使えば、1つの画面に複数のチャートを並べて比較する必要がありません。

さらに、1つのチャートでまとめて比較することが出来れば、より精度の高い分析ができるようになりますよね。

2つ目がチャートにポジションを表示できる機能です。

DMM FXでは自分のポジションからいくら動いたのかを数値で表示してくれるため、チャートを見れば分析と同時に含み益・含み損の状態も把握できます。

現在のポジションを表示してくれることでトレードの判断材料が増えて、方針が立てやすいですよね。

 

 

\公式サイトはこちら!/
DMM FX