サイトマップ

【DMM FXのロスカット】証拠金維持率を計算して損失を防ぐには

DMM FXのロスカットについて

DMM FXのロスカットについて
  • 証拠金維持率が50%以下になると発動
  • 証拠金維持率が100%以下になると追加証拠金が発生
  • 公式で証拠金シミュレーションができる

DMM FXのロスカットについての要点は「証拠金維持率が50%以下になると発動」「証拠金維持率が100%以下になると追加証拠金が発生」「公式で証拠金シミュレーションができる」の3点です。

ロスカットはFX取引をする上では、資金を守るための重要な仕組みです。

DMM FXのロスカットは証拠金維持率が50%以下になると発動するため、急激なレートの変動を受けて証拠金維持率が50%以下になってしまうと強制決済されてしまいます。

また、それよりも以前に証拠金維持率が100%以下になった時点で追加証拠金が発生することになります。

追加証拠金が発生するかどうかは判定時間が定められていて、追加証拠金には期限もあるためしっかりとルールを知っておくことが重要です。

また、公式サイトでは証拠金のシミュレーションができます。

大事な取引資金を守り追加証拠金が発生しないように、証拠金シミュレーションをしたうえでリスクの高すぎる取引をしないように気をつけましょう。

 

 

\公式サイトはこちら!/
DMM FX

 

 

 

 

DMM FXのロスカットのルールについて

ロスカットルールは保有しているポジションが一定の損失を出した場合に、損失の拡大を防ぐという目的で金融庁指導のもと導入されています。

DMM FXでは証拠金維持率が50%以下になった場合に、ロスカットルールが発動して全ての注文を取り消して未決済のポジションも強制的に決済されるようになっています。

ただし、未約定の注文が取り消された段階で証拠金維持率が50%を回復するとロスカットルールは発動しません。

さらにロスカットルールが発動される前に、証拠金維持率が100%を下回った場合に追証が発生します。

追証とは追加証拠金制度のことで、損失によって足りなくなった証拠金を追加入金などを行って、証拠金を補填しなければならない仕組みのことです。

追証と判定される時間は毎営業日のクローズ時間で、この時点での証拠金維持率が100%を下回っている場合に追証が発生することになります。

追証の判定から約30分ほどで取引画面に反映され、追証が発生した翌営業日の4時59分までに追加入金・保有ポジションを決済・何もせず強制決済の3つから選ぶことになります。

追証が発生すると新規取引の停止・出金予約の停止・発注済み注文の取消・出金予約の取消なども合わせて発生するため注意しましょう。

参考:ロスカット・ルールの整備、遵守の義務付け

 

DMM FXでロスカットを回避するには

ロスカットを回避するためには資金に余裕を持たせたトレードをする必要があります。

DMM FXではロスカットの計算のために、公式で証拠金シミュレーションができるようになっています。

自分の資金で、どのくらいの注文をすると証拠金維持率がロスカットルールに触れてしまうのか調べることができます。

証拠金維持率は保有しているポジションだけでなく、発注している未約定の注文も含めて計算されます。

そのため、保有できるポジションの限度を知るだけでなく、自分の資金で発注できる限度まで調べておくといいでしょう。

一般的に証拠金維持率は最低で200%〜300%はあることが好ましいと言われているため、最低必要資金のおおよそ2~3倍は資金を入れておきたいですね。

 

 

\公式サイトはこちら!/
DMM FX